top of page
ブログ

『台北紀伊國屋書店』



台北忠孝復興の紀伊國屋書店。日本の本が欲しければここ、というぐらい、日本の書籍が揃っている。漫画あり、小説あり、日本語関連の参考書あり。時々本屋が無性に恋しくなる。一週、二週では置かれている本のレイアウトが変わることはない、それはよくわかっている。だけど、ついつい足を運んでしまう。ひょっとしたら新しい本に出会えるかもしれない、という淡い期待を持って。


18の時に紀伊國屋の新宿南店でバイトをしていたことを思い出す。あの時一緒に働いていたバイト仲間達は今どこで何をしているのだろう。「高橋くんは笑顔が足りない」、とよく社員の人に言われていた。「僕の笑顔を欲しがる人なんていないと思います」と意地でも笑わなかった。店員失格である。


外国で日本の本屋があることにただただ感謝する。やっぱり本屋は落ち着く。


皆さんのお勧めの本屋はありますか?


“Books Kinokuniya Taiwan”


This is Kinokuniya Taipei Bookstore which I frequent. I sometimes cannot help going to a bookstore. Visiting a bookstore makes me happy since it provides me with serendipitous encounters with new books. Yes, I admit Amazon is very useful. Still, real bookstores have their own charms.


I am well aware that the layout of books at this bookstore does not change that often, and yet I always go there, with a bit of expectations to bump into interesting books.


When I was 18, I used to be a shopkeeper at the signature Shinjuku Kinokuniya. I wonder what has happened to those part-time workers I worked with. I was often scolded by my manager that I should smile more, to which I replied nobody wanted my smile. Good old memories.


Do you often go to a bookstore? What is your favorite?



5 views0 comments

Comments


bottom of page