ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940)

ほぼ全ての観察者に受け入れられるであろう英国の一般論をここでいくつか述べたい。一つは、英国は芸術的な才能がないということだ。


イギリスの有名な画家はあの漱石も愛したターナーであろう。音楽の世界ではエルガーがいる。彫刻の世界では、私の無知も手伝って、なかなか出ていこない。有名な芸術家の数という観点で見ると、ドイツ、フランス、イタリアに比べるとやはり乏しいと言わざるを得ない。ただ、オーウェルも論じている通り、小説の世界は別である。シェークスピア、ディケンズ、ジョイス、挙げていけばきりがない。

そういえば、芸術とはほとんど関係ないかもしれないが、イギリスは食事の面でもあまり褒められることがない。個人的にはフィッシュ&チップスやイングリッシュ・ブレックファストは大好きであるが。時折ベイクドビーンズを無性に食べたくなるのは私だけだろうか?

次回もオーウェルの考えさせれる一文を紹介します!

20 views

Recent Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

記憶に残るフレーズ 解題

Kipling is the only English writer of our time who has added phrases to the language. (Rudyard Kipling, 1942) キップリングは英語という言語に新たなフレーズを足した我々の時代の唯一の英国人作家である。 キップリングの有名なフレーズとしては、"East is East, and West is