ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

ナポリに提げていきたい一冊。『須賀敦子全集第1巻』📚by 須賀敦子

『須賀敦子全集第1巻』須賀敦子


須賀敦子の文章は知的で、読む度にじわっと心温かくなる。「『大聖堂まで』を読んだら、震えるよ」と先輩から薦められて読み始めたのがきっかけだ。この全集には須賀敦子の魅力が全て詰まっている。どのエッセイも印象深いが、ここでは「ナポリを見て死ね」という文章について触れたいと思う。ナポリは須賀敦子にとって父親とも繋がっている大事な場所である。エッセイは須賀敦子が小さい時にナポリに滞在していた父から届いた1つの絵葉書から始まる。彼女が覚えているのは「ナポリを見てから死ね、という言葉があります」の絵葉書の一文。後年ナポリの大学で教鞭を執ることになった須賀はナポリに半年滞在し、ナポリを身をもって体験することになる。


ナポリのイメージを最初に須賀敦子に植え付けたのは、森鴎外の『即興詩人』であった。アンデルセンのイタリアを舞台にした物語を鴎外が訳した。この『即興詩人』、彼女が外国文学を専攻することを決めた時、彼女の日本語が貧弱になることを恐れた父親が読むように薦めた作品らしい。引用で読んだが、鴎外の文章が見事過ぎる。鴎外の文章を読むのに苦労している自分を見出し、自分の日本語の貧弱さに苦笑する。


スパッカ・ナポリというナポリの庶民精神の象徴のような通りの描写。

「そこでは、人間とそのあらゆる営みが四六時中、あらゆる種類の不協和音を奏でながら同時進行をつづけている」

ナポリという町は細かいところに目を向けると、なかなか暮らすのが難しい所らしい。そこでは、ゆったりとした時間が流れている。

「この町は、全体をうけいれるほかないのだ、そんな思いが私の考えを占めるようになった。部分に腹を立てていると、いつまでたっても、この町と友達にはなれない。まず、全体をうけいれてから、ゆっくり見ていると、ある日思いがけない贈り物をくれることがある。」

「町と友達になれる」。素敵な表現だ。欠点も魅力と思えたら素晴らしい。


イタリアは3回訪れたが、まだナポリは未訪だ。いつか必ず訪れたい。須賀敦子と森鴎外を提げて。

“Complete Works of Atsuko Suga Vol. 1” Atsuko Suga


Intelligence emanates from writing of Atsuko Suga and I feel fulfilled both emotionally and intellectually whenever I read her work. I was first introduced her essays by one of my friends. She told me that “To the Cathedral” by Suga would literally move me. It did. This book is the first volume of her complete works. It is filled with Suga’s charms. Here, I would like to touch upon one essay entitled “See Naples and die”. Naples is an important place for her in that it is closely related to her father. The essay starts with a post card she received from her father who happened to be in Naples when she was 7. One of the lines of the post card alludes to the famous saying that “See Naples and die”. She, later in her life, was going to teach at a university in Naples and stay there for half a year.


She totally falls in love with Naples like her father did. She writes,

“We have to accept this town as a whole. If you are stuck by one of the unpleasant details, you will never be able to be friends with this town. First, you accept the whole town, and you just observe it as it is, not hurrying, then it will give you some unexpected gift.”

I will visit Naples with Suga’s book in my pocket some day.




16 views

Recent Posts

See All

“On The Highways: Taiwan”

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa