ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

国民的作家ディケンズについて(Charles Dickens)

Dickens is one of those writers who are well worth stealing. Even the burial of his body in Westminster Abbey was a species of theft, if you come to think of it. (Charles Dickens, 1939)



オーウェルの敬愛したイギリスの国民的作家ディケンズに関する随筆。やはりイギリス人にとってディケンズという偉大な作家は特別な位置を占めるのであろう。日本人にとって夏目漱石がそうであるように。


ディケンズは盗むに値する作家である、という有名な書き出しである。ディケンズの墓はあのウェストミンスター寺院にある。キーワードは「盗む」だ。このオーウェルらしいウィットに富んだ文章を是非味わって欲しい。


次回この文章の解説と、昨年末ロンドンで初めて訪れたディケンズ博物館について語ります!




14 views

Recent Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ