ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

日本と西洋の美意識の相違を考える一冊。『陰翳礼賛』📖by 谷崎潤一郎

『陰翳礼賛』 谷崎潤一郎


次回のクラスでは谷崎の『青い花』を扱うので、有名な随筆集、『陰翳礼賛』を手に取った。

以前日本語講師をしている先輩から、特に海外の建築家あるいは建築を学んでいる学生に人気と聞いていた。


この随筆集を読んで、日本と西洋の美意識の相違に関して新しい視点を得た。日本では陰翳の背景があるからこそ、美しさは光るという。日本家屋、能、和食、化粧の仕方、肌の色、電飾と、具体例を挙げながら、独特の視点で日本と西洋の比較論を展開する。


谷崎は1886年生まれなので、日本が急速に西洋化していくことに対して複雑な感情を持っていたのだろう。あまりにもきらびやかなピカピカに磨いた明るい世界が、どぎつく、けばけばしく、深みのないものと映ったのだと推察する。


随筆は有名な

「まあどう云う工合になるか、試しに電燈を消してみることだ。」

という一節で終わる。電燈を消してみたところで、日本的なものがほとんどない自分の部屋に気づき悲しくなるが、気を取り直し、せめて提灯式の明かりを灯すことにし、たまたま金曜ロードショーで放送されていた「Back to the Future」を観る。


羊羹についての描写

「玉のように半透明に曇った肌が、奥の方まで日の光りを吸い取って夢みる如きほの明るさを啣んでいる感じ、あの色あいの深さ、複雑さは、西洋の菓子には絶対に見られない。クリームなどはあれに比べると何と云う浅はかさ、単純さであろう」

「人はあの冷たく滑らかなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、本当はそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う」

去年ワシントンを訪れた際、尊敬する先生の50年来の友人ご夫婦(アメリカ人)宅へ招かれた。その際先生から手渡されたのが虎屋の羊羹であった。粋なお土産だと思ったのも束の間、小分けになっている細い箱から羊羹を取り出した時のご夫婦の顔が忘れられない。羊羹の美を伝えるのはなかなか難しい。

“In Praise of Shadows” by Junichiro Tanizaki


As we are going to read and discuss “Aguri” by Tanizaki in the next class, I read another essay of his entitled “In Praise of Shadows”. I’ve heard before that this essay is avidly read among architects or aspiring architects in foreign countries.


Having read it, I now understand why it is very popular in foreign countries. I myself have been enlightened by his essay on the difference of aesthetics of Japan and that of the West. In Japan, people tend to be drawn to the shadows of things which range from Japanese architecture to food, make-up, Noh plays, the color of skin, and the lights. We can find something beautiful all the more for the shadows it contains inherently. His perspectives are distinctive and intriguing.


Born in 1886, when Japan westernized itself exponentially, Tanizaki must have embraced ambivalent feelings towards the Westernization and the West. He observes the unique Japanese beauty of the shades fading in front the glittering beauty of the West.


As the final sentence of the essay suggests, I tried to turn off all the lights so that I could see the shadows. It turned out that I had almost nothing Japanese around me and felt sad.



10 views

Recent Posts

See All

“On The Highways: Taiwan”

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa