ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940)



1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年でもある。ヒトラーからイギリスを守り抜くために必要なものは何か、オーウェルは考え抜いた。その答えの重要な考えがこの『右であれ、左であれ我が祖国』というエッセイに見て取れる。


上記の一文は、オーウェルが名門イートン校(ボリス・ジョンソンやデーヴィッド・キャメロンなども卒業生)にいた時の当時の自分達を批判する一文。何故平和主義がいけないのだろうか?片目の平和主義とはどういう意味なのだろうか? 


次回、平和主義に対するオーウェルの思いとこの文章の解説を加えます!

25 views

Recent Posts

See All

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ

記憶に残るフレーズ 解題

Kipling is the only English writer of our time who has added phrases to the language. (Rudyard Kipling, 1942) キップリングは英語という言語に新たなフレーズを足した我々の時代の唯一の英国人作家である。 キップリングの有名なフレーズとしては、"East is East, and West is