top of page
ブログ

生きていくためには仕方がない(Confessions of a Book Reviewer)


He is pouring his immortal spirit down the drain, half a pint at a time. (Confessions of a Book Reviewer,1946)


オーウェルは小説家や随筆家としてだけではなく、書評家としての顔も持っていた。実際に書評家として仕事をしてきたからこそ書ける書評家という職業の実態。書評に関して新たな一面を垣間見れること間違いなしのエッセイである。


キーワードはimmortal spirit、そしてイギリスではとても重要な単語、pintです。

次回解説と私の視点を共有します!


18 views0 comments

Related Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ

Comments


bottom of page