ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

統治することの虚しさ(Shooting an Elephant)

And my whole life, every white man's life in the East, was one long struggle not to be laughed at. (Shooting an Elephant, 1936)



オーウェルの最も有名なエッセイ『象を撃つ』からの引用。オーウェルはあのパブリックスクールの名門イートン校を卒業後、通常進む道であるオックスブリッジに進まず、帝国警察としてビルマ(現在のミャンマー)に5年赴任することになる。彼の一生を貫くテーマの一つは帝国主義だが、この5年間の経験が彼の帝国主義への嫌悪感を決定的なものにした。統治する側である白人の空虚を如実に表した一文である。




次回は私のこの文章に対する感想を共有します!





3 views

Recent Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ