「オーウェルを読む」精読講座
[講師]高橋郁弥

グループ

この講座は、2017年にAmazonでベストセラーになった小説、

『1984』で知られるイギリス人作家ジョージ・オーウェルのエッセイを精読していく授業です。

オーウェルの文章は英語圏の人々のお手本として、世界中で読み継がれています。

20世紀を代表する知性、オーウェルを読破することができれば、必ず自信に繋がるはずです。

英文読解に自信がある方、オーウェル読破に是非挑戦してみませんか?
この授業を受講することで主に以下の5つの利点があります。


1.  オーウェルが好んだ文法・語彙・表現・文体を体得します
2.  一流の文章の音読を通して素晴らしいリズムを身体に染み込ませます
3.  徹底した論理構成から英語における論理展開を身に付けられます
4.  20世紀の激動の時代の雰囲気を掴むことが出来ます
5. 大陸ヨーロッパとは趣が異なるイギリス独自の文化を学べます

[授業の流れ]

1.前の授業で扱った部分の中から重要である単語をいくつか取り上げ、オーウェルの単語を習得します

​2.宿題で選んできた文章を理由も含めて共有します(日本語で)

3.宿題で作成した文章をクラスで共有します

4.一人ずつ何行か英文を読み、その後日本語に訳します

 

このクラスは翻訳のクラスではありませんので、素晴らしい日本語に訳すことが目的ではありません。構文を正確に捉えられているか、行間は読めているか、適宜単語、文法解説を加えます。解釈は一つではありませんので、様々な意見を出し合いながら、文章に対する理解を深めていきます。

[宿題]

1. 授業で扱った部分の音読(オーウェルの文体のリズムを体得できます)

2. 授業で扱った部分の中から1、2文(内容、言い回しの面で素晴らしいもの、面白いもの)を選出

3. 授業で出てきた単語や表現を使って文章を1文作成

4. 次回扱う部分の精読(通常、1回の授業で2、3ページ程進みます)

​                          使用教科書: Essays, George Orwell (Penguin) ​

開講日程

全8回

7/17(土)- 9/11(土)毎週土曜 午前10:00-11:35(授業90分+途中休憩5分)※8/14(土)は休講

受講費

20,000円

定員

最大8名(申し込み順で定員になり次第、募集を締め切ります)

授業のイメージ

​授業がどのように展開していくのか、想像しやすいように、授業一回分を三部に分けてブログ記事にまとめました。

授業見学について

授業見学は随時受け付けています。どんな講座か見てみたい、申し込みを迷っているという方は

下記からお申し込みください。