ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

人生相談を通じて哲学に触れる一冊。『哲学の先生と人生の話をしよう』📖 by 國分功一郎

『哲学の先生と人生の話をしよう』國分功一郎


新進気鋭の哲学者、國分功一郎が全身全霊で人生相談を行う。内容は恋愛、親子関係、仕事と多岐に渡る。著者が相談者の文章を哲学のテキストを読み解くように精読し、精緻な分析を行っていくところに新鮮さを覚えた。哲学の古典のような精緻な論理展開など一般の相談者の文章には望めないが、それでもそこから立ち現れてくる何らかのまとまりがあるという。


「人間が考えていること、感じることは、それほどたやすく体系性を免れはしない」

そして、目から鱗だったのは、大事なのは、書かれていることではなく、書かれていないことだということ。それを正確に掴まえることが肝要。ひょっとしたら相談をしている本人にもわかっていないことを探偵のように解き明かしていく。なるほど、そういうふうにも読めるのかと、感心する箇所がいくつもあった。その体験を通して、いかに普通の文章を精読していないかを思い知らされた。普通の文章を読むときにでも文学作品に対するようなテキスト解析を行うことで見えてくることがあるのだということを学んだ。


もう1つの魅力は、それぞれの相談に対してお勧めの哲学書や書籍を推薦するところ。登場した安富歩の『生きるための経済学』、関口存男の著作は読んでみようと思う。


途中で読みかけになっている『中動態の世界』をもう1回読み直そう。小林秀雄賞の受賞スピーチで國分氏がエピソードとして挙げたデリダの印象的な一節を紹介する。何故死というものを哲学の観点から捉えるのかという学生の少し尖った質問に、哲学界の巨匠デリダはこう答える。”Parce que J’aime la philosophie!” (だって私は哲学が好きなんだ!)この気持ちを國分氏も共有するという。一度講義を拝聴したい学者である。


Koichiro Kokubun "Let's talk about life with a professor of philosophy"


This is a life counseling book in which readers consult a young philosopher Koichiro Kokubun on pressing issues of life such as the relationships, family, and work. First of all, I was impressed with the way Mr. Kokubun reads the texts written by general readers. He does text analysis as if he were reading classics of the giants of philosophy. He argues that despite their texts lacking the elaborate logics, there should be something consistent, like a pattern, arising from them. It is essential for counselors to grasp that. He writes, “What human beings think about and feel about are not exempt from patterns”. I have never thought that way.


Another eye-opener for me was that the most important element is usually not written. What matters is to try to identify the essential by reading between the lines. Mr. Kokubun deciphers the texts as if he were a competent detective. Reading this book made me realize that close reading of the texts, whether they are literature, works of philosophers, or those of the general public, does get the unhidden and thus most indispensable messages across.



11 views

Recent Posts

See All

“On The Highways: Taiwan”

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa