top of page
ブログ

歴史の書き換え 解題

Every nationalist is haunted by the belief that the past can be altered. (Notes on Nationalism, 1945)


全ての国粋主義者は過去というのは変えられるという考えに付きまとわれている。


まず、hauntという単語はニュアンスのある単語である。[観念・感情]などが人の心に絶えず浮かぶ、付きまとう、(付きまとって)苦しめるという意味。昔観た映画の一シーンで、男女が別れた後、女性が男性に向かって、"I will haunt you"という台詞があったことを思い出した。この文脈だと、「呪ってやる」というぐらい強い意味にもなり得る。


このhauntのニュアンスを考慮しつつこの文章を見てみると、なんだか、「過去は変えなければならない」と苦しい様子で、頭を掻きむしる国粋主義者のイメージが喚起される。まさにその考えに取り憑かれているのだ。



次回もオーウェルの鋭い一文を紹介します!



15 views0 comments

Related Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ

Comments


bottom of page