ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

Tags

The First Post of 2021!

Finally, the first post of 2021! I would like to share my new year’s resolutions, although it might be a little too late.. Never mind! This year, I am going to introduce more and more Japanese literature and culture. So far, the main book I have used in my classes is the Oxford Book of Japanese Short Stories edited by Theodore Goosen, which is a superb book. After this book, I am thinking of using the Penguin Book edited by Jay Rubin or Monkey edited by Motoyuki Shibata. It would be great to deal with varied stories of contemporary literature as well as with the classics this year.


Speaking of the Penguin Book, last week, I had the privilege of meeting up with Yuki (@booknerdtokyo ) at a relaxing café in Shibuya and had a great conversation. We shared our views on how avidly Japanese literature is being read all over the world. Thank you Yuki for your always inspiring and beautiful posts!


Also, another thing I have been requested to do by some of the participants is to hold a casual workshop of translation. If you are Japanese learners, you could come to one of those sessions! Last year, I studied hard and got the Japanese teaching license as well. This year, I will utilize both English and Japanese more and more!


Last, my wife got a job in Taiwan, so we’re going to relocate to Taipei shortly. Because of that, I’ve lately been reading books on Taiwan. The more I learn about Taiwan, the more I get interested in its rich and diverse culture. One of my goals this year is to compare Taiwanese and Japanese literature as well.



2021年、初めての投稿です。なんだか色々バタバタしており、あっという間に1月の半分が終わってしまいました。去年は日本文学ディスカッションクラスを立ち上げ、オックスフォードの教科書を使用して授業を展開してきました。今年はペンギンの短編集や、Monkeyなどからの作品も使い、現代文学も扱っていこうと考えています。


また、去年の暮れに日本語教師の資格も無事取得しました。日本文学を教えるからには、日本語教授法も体系的に学ぼうと思い、久しぶりに受験勉強を頑張った甲斐がありました。やはり母国語を教えるというのはとても難しいことですね。去年受講生から英語の翻訳では何が失われているか教えて欲しい、簡単な翻訳ワークショップを開いて欲しいなどの要望もありました。今年はそのようなワークショップも開催する予定です。


最後に、妻が台湾で仕事を得たため、間もなく台北に移住します。その関係で最近は台湾に関する本を多く読んでいます。台湾を通して日本の姿がよりくっきり見えてくることもあるかと思います。台湾文学と日本文学の比較もできたら良いなと漠然と考えております。台湾に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。今年もどうぞよろしくお願い致します!


20 views

Recent Posts

See All

“Portrait of an Old Geisha” by Kanoko Okamoto

岡本かの子『老妓抄』 岡本かの子は谷崎潤一郎と同世代の作家である。裕福な家に生まれ、高校生の時に与謝野晶子の薫陶を受け、歌人としての道を志す。当時絶大な人気を博していた漫画家、岡本一平と結婚し、あの稀代の芸術家岡本太郎が長男である。川端康成はこの稀有な家族を「聖家族」と評し、芸術家としてお互いを高め合う理想的な関係であると羨望の眼差しを向けた。歌人、小説家、仏教学者としてのかの子の多面性か

“The Emissary” by Yoko Tawada

『献灯使』多和田葉子 多和田葉子は稀有な作家である。早稲田大学でロシア文学を専攻後、1982年から在独。ドイツ語でも小説を書き、言葉を越境するエクソフォニー作家の代名詞的存在だ。後天的に身に付けた言語で小説を書く超人技もさることながら、言語の可能性に関しても大きな希望を与えてくれる。以前彼女の新書を読んで、言葉に対する研ぎ澄まされた感覚、一つの単語から連想される豊かなイメージに

“On The Highways: Taiwan”

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa