ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

英国?イギリス?イングランド?解題

One striking fact about English literature during the present century is the extent to which it has been dominated by foreigners- for example, Conrad, Henry James, Shaw, Joyce, Yeats, Pound and Eliot. (Arthur Koestler, 1944)


今世紀の英国文学についての一つの特筆すべき事実は、それが甚だしく外国人作家によって支配されていることである。



まずEnglishという単語が何を意味するのか。もちろん、「英語で書かれた」文学と捉えることも可能だが、ジョイスやエリオットなど英語で作品を書いた作家があることから、その意味ではないことがわかる。ジョイス、ショー、イエィツはアイルランドの代表的な作家である。北アイルランドもイギリス(英国)の中に含まれるため、彼らを「外国」の作家と見なす文章に考えさせられた。オーウェルにとってのイギリス(英国)とはイングランドのことだったのであろうか。


ちなみに、コンラッドはポーランド生まれ、ヘンリー・ジェイムズ、パウンド、エリオットはアメリカ生まれである。それにしても豪華な顔ぶれである。ヘンリー・ジェイムズはフォークナーと共にその難解な文体で知られるが、『ねじの回転』は読んでみたい。



次回もオーウェルの鋭い一文を紹介します!



19 views

Recent Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ