top of page
ブログ

オーウェルにとって「書く」とは? (Why I Write)



Good prose is like a windowpane. (Why I write, 1946)


良い散文とは窓ガラスのようなものだ。





アメリカの高校生が今でも読んでいるというオーウェルのエッセイ、Why I Writeからの一文。


このエッセイを読むと、オーウェルは5、6歳の時から作家になろうと決めていたとある。作家になろうと思っている人達にとってはもちろん、書くということはどういうことなのかを知りたい人にお勧めの評論である。


この文章でオーウェルが言わんとしていることはどういうことでしょうか?次回、私の視点と少しだけ解説を加えます!



31 views0 comments

Related Posts

See All

片目の平和主義(My Country Right or Left)

Ours was the one-eyed pacifism that is peculiar to sheltered countries with strong navies. (My Country Right or Left, 1940) 1940年という年はイギリスにとって特別な年だ。ドイツの空爆(The Blitz)が始まった年であり、チャーチルがチェンバレンに代わって首相になった年で

イギリスは芸術家が少ない?解題

Here are a couple of generalizations about England that would be accepted by almost all observers. One is that the English are not gifted artistically. (The Lion and the Unicorn, 1940) ほぼ全ての観察者に受け入れられ

Comments


bottom of page