ブログ

Subscribe to Our Blog

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
mail

Tags

“In Commemoration of Radioactive Half-Life” by Yuko Tsushima

“In Commemoration of Radioactive Half-Life” (my translation / not translated yet) by Yuko Tsushima


This is the last work of Yuko Tsushima, whose stories have been translated into many languages and are highly acclaimed internationally. Her themes were diverse, including the Ainu culture, Taiwan, and Mongolia. Her style is sophisticated and unique, from which sadness emanates. Her father is Osamu Dazai.


This book consists of 3 short stories which were published between 2014 and 2016. I like “New York, New York” the best. The protagonist is a single mother Toyoko. She works for a branch office of an American bank whose headquarters is located in New York. She always says “Ask me anything about New York” despite the fact that she has never been to New York. Her dream was to visit New York by the age of 40. However, that dream never comes true and she dies when she is 42.


The story unfolds itself with awkward conversations between her son and his father in a family restaurant. As they reminisce about Toyoko, what NY really represented for her starts dawning on his father gradually. It was not her dream city, something she longed for. It was probably revenge, another possible life, vengeance, abandonment, or disappointment.


We will read and discuss “A Very Strange, Enchanted Boy” by Yuko Tsushima and “Merry Christmas” by Osamu Dazai on Sundays, November 29 and December 20 respectively. The details are on my website.



津島佑子の遺作。タイトルは『半減期を祝って』。2014〜6年までに書かれた短編3つで構成されている。津島佑子の作品は多くの外国語に翻訳されているし、国際的な評価も高い。扱ったテーマの中には、アイヌや、台湾、モンゴルもあった。彼女の文章は、一個人の内面を深く掘り、切り取る。どことなく哀しみが漂う洗練された文体が心を打つ。父親は太宰治。


個人的には『ニューヨーク、ニューヨーク』が一番好きだ。主人公はシングルマザーで、ニューヨークに本店がある銀行の日本支店で働いている。「ニューヨークのことなら、なんでも私に聞いて」が口癖のトヨ子。ニューヨークへは一度も行ったことがなく、42歳という若さでこの世を去る。ニューヨークが象徴していたものは、後悔、失望、別の人生、嫉妬、怒りだったのかもしれない。息子薫とその父親のファミリーレストランでのぎこちない会話からトヨ子の人生の一端が露わになる。


「トヨ子はニューヨークにあこがれていたわけじゃなかった。ふと、男は思い当たり、身を震わせる。ニューヨークに行くつもりもなかった。トヨ子はニューヨークに仕返しをしたいだけだった。ニューヨークを自分の体に呑み込んでやりたかった。薫をひとりで産んだ以上、おとなになるまでトヨ子が働いて、支えつづけなければならないという重荷と疲労が、ニューヨークの雪になって厚く積もっていた。今の銀行を辞めたら、容易に仕事が見つからないだろうから、ひたすらがまんして、しがみついていなければならないというあきらめ、恨みが、ニューヨークの風になって吹いていた。どうあがこうが、トヨ子には近づくこともできない世界があることのふしぎさも、あるいは、若かったころ、人生になにを期待していたのだろうという失望も、ニューヨークの空を重くおおっていた」

#yukotsushima #osamudazai #discoverjapaneselit #日本文学を英語で読む

Recent Posts

See All

“On The Highways: Taiwan”

Ryotaro Shiba is one of the most beloved Japanese writers in Japan. One of his most representative novels is a history novel entitled “Clouds Above The Hill”, which depicts the modernization of Japa